M+M's

映画の感想を適当に。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デート・ウィズ・ドリュー
デート・ウィズ・ドリュー (JUGEMレビュー »)

おバカだけど心から泣ける!
RECOMMEND
RECOMMEND
トレインスポッティング (角川文庫)
トレインスポッティング (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ウェルシュ
原作なくしてトレスポは語れない。
RECOMMEND
ランボー全詩集
ランボー全詩集 (JUGEMレビュー »)
アルチュール ランボー, Arthur Rimbaud, 宇佐美 斉
欲しい。
PROFILE
SEARCH
<< アシッド・ハウス | main | 時計じかけのオレンジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
この胸いっぱいの愛を
B級泣かせ映画…と分かってはいても、号泣してしまう自分…「映画を楽しむ」ということに関しては超一流(笑)

ミムラ、ほっぺ赤くしたりしない方がカワイイじゃん!演技は月並みだけど…でも使い方によってはうまくいくんじゃないかなー。意外と眼光鋭かったし!

てかセリフはダサいし構図も単調すぎ(る上に長い)し、ストーリーにパンチもなく(クドカンがギリギリのところで味を出したいらしいけど不発気味)、ラストにまた原題のシーンがくるけど、「生きるとは何か」的なことを語り抜くにはそこまでの過程が甘すぎた。セリフが陳腐すぎる。あまりに陳腐で勿体無い。
泣けただけですぐ忘れそうな…黄泉がえりもそうだけど、泣けるってだけでそれ以上何も残らない感じだった。期待してただけに残念。

むろん、伊藤英明は最高!!!!!!!!!!!



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=322482
| satomi |       か行 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://mcfly.jugem.jp/trackback/93
この胸いっぱいの愛を-北九州市門司のロケ地旅物語-2
 主人公鈴谷比呂志(伊藤英明)の物語と並行して描かれる3つのサブストーリーのうち...
| ロケ地ドットコム | 2006/06/03 9:41 PM |