M+M's

映画の感想を適当に。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デート・ウィズ・ドリュー
デート・ウィズ・ドリュー (JUGEMレビュー »)

おバカだけど心から泣ける!
RECOMMEND
RECOMMEND
トレインスポッティング (角川文庫)
トレインスポッティング (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ウェルシュ
原作なくしてトレスポは語れない。
RECOMMEND
ランボー全詩集
ランボー全詩集 (JUGEMレビュー »)
アルチュール ランボー, Arthur Rimbaud, 宇佐美 斉
欲しい。
PROFILE
SEARCH
<< コーヒー&シガレッツ | main | ブロークバック・マウンテン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
バッファロー'66
BUFFALO '66

ヴィンセント・ギャロというひとを知ったのがこの映画。
小学生の頃だったかなー多分。
すっげービックリした。
あんまりインディーな映画とかまだ見慣れてなかったから、それはもう衝撃的だった。どんな感想もったかは詳しく覚えてないけど、その後今まで「バッファロー'66=かっこよすぎ映画」っていうのは自分の中にずっとあった。そのおかげか、私は高校生になってブラウン・バニーを見て、また衝撃を受けたわけだけど。

で、久々に今日、見てみた。
そして変わった映画のイメージ。
「バッファロー'66=愛すべき映画」
小学生の頃の私には決して分からなかったヴィンセント・ギャロの部分がハッキリ見えた。見えすぎるほど見えた。

愛されることに慣れなくて
不安の中でずっと生きてきて
でも注がれる愛に気付いたときの
その幸せ。

ラストでホットチョコレートとクッキー買うシーン
幸せすぎて顔がニヤけて涙まで出てきた。

それに似た気持ち、私も知ってるから。


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85115
| satomi |       は行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://mcfly.jugem.jp/trackback/63